運動が苦手でキツイ!?

体育でやる授業
球技(バスケ、バレー、テニスなど)
陸上(徒競走、マラソンなど)
柔軟?(マット運動、跳び箱などなど)
いろんな項目があります。

でも、運動音痴にはきつい!
運動神経ない人には
苦痛でしかない授業…

ということで、
自己流、運動のコツをまとめます^^


勉強が嫌いな人にとっては最高!!
でも、運動が苦手だったり、運動音痴だったり、運動が嫌いだったりすると最悪…

私なりに頑張っているのに誰も気づいてくれない上に
笑ったりしてくるから恥ずかしいし…体育なんてなくなれば良いのに!
そう私も思ってました。運動苦手だったし。
何より、下手なのもそうだけど変な格好を見られるのが屈辱的だった。
(えー、できないのー?みたいな視線を感じる)

球技はそこそこできたけど、その他が全然できなかった私が
「何故運動神経が悪いのか」について改めて考えてみました。

なぜ?運動が苦手なのか?

球技、陸上、水泳、その他…
色んなスポーツがあります。
何故、運動神経が悪いのかについて、考えてみました。

<考えられる理由>
1.怖いから
 ボールなどが飛んできて、怖さで目をつぶってしまったり
 失敗したら転ぶかも…なんていうマイナスな考えがあって動作が鈍くなります
 また、怪我を心配して余計に行動できなくなることもあります。
 あとは…トラウマとかでしょうね。 

2.練習を通り越し、本番から入るから
 自転車に乗るのにも、順番があります。
 最初から、補助輪なしで「ペダルをがむしゃらにこげ!」といわれても
 怪我をしまくるだけです…。

3.運動が苦手な人向けのやりかたを教えてもらえてないから
 体育の授業などでは、基本的フォームしか教えてもらえません。
 運動が苦手な人は、見て、同じようにやっているつもりでも
 筋肉が上手く使えていなかったり、筋肉がなかったり…
 様々な原因で上手くいかなかったりします。

4.先入観があるから
 「これはこうやって投げる!」という先入観があるため
 フォームの改善がみられないパターンです。

5.体が硬すぎるから
 柔軟性があれば、怪我もしにくく
 咄嗟の対応もとりやすいです。

6. リズム感があまりないから
 球技などは少しリズム感?が必要な気がします。
 または、見る力でしょうか…?

【一番の原因】
同時に何個ものことが行えないから練習が必要!
(自分のレベルに合った練習をせず、いきなり本番にいこうとしている)

運動苦手を楽しい体操教室で運動好きになろう

体操と勉強を元教員が指導する教室にようこそ!

 

本格的なマット運動と学年にあった勉強がなんと無料体験できます。

 

マット運動以外もボールを使用した運動で中学生になっても活きる身体能力を養います。

基本的に前回りしかできなかったお子さまもバク転や倒立などの技にチャレンジしています。無理せず、遊びの中で楽しく学べるよう指導していきます。

 

子供達の好奇心を大切にした指導なので、強制だったり、スパルタ指導などは一切なく、ほかのスポーツの習い事と同時に行っている生徒さんも多いです。野球をやっている子の保護者には柔軟性がアップして、肩の可動域が増えました。と嬉しいお声まで頂きました。

 

スポーツテストの判定がD判定の子がA判定に向上した子もいます。楽しみながら運動能力が向上することは保護者にとっても大変うれしいことですね。同じ場所で体操と勉強を学べるので保護者にとっても安心・安全ですね。

 

勉強の方では初めに小テストを行い、苦手な部分を克服していきます。その後、予習をしていきます。脳トレグッズなども体験して楽しく学びます。

 

小学生のうちからスポーツの後に勉強をする習慣を習得して、文武両道で指導していきます。

 

是非一度無料体験してみてください。