小学生もストレスをたくさん感じている!

ストレスを感じるのは大人だけではありません。子供も、多かれ少なかれストレスを抱えて生きています。

  • 最近、なんだか体調が悪そう。
  • なにもせず、ぼんやりしていることが増えた。
  • 今までは見られなかった癖や行動をする。

もしかしたら子供のそうした様子は、精神的なストレスが原因の可能性もあります。
ストレスを感じると、どのような症状となって現れるでしょうか。

1 腹痛

緊張感が高まると、腹痛が起こる子供は少なくありません。大人も緊張しすぎてお腹が痛くなることがありますが、子供は少しのストレスでも腹痛が起こることがあります。

頻繁に「お腹が痛い」という子の場合、単に胃腸が弱いこともありますが、精神的なストレスが腹痛として表われているタイプである可能性も疑いましょう。

2 頭痛

ストレスのあまり「頭が痛い」と訴える子供もいます。首や肩の筋肉が緊張し、頭痛を引き起こしているのです。

ストレスによる腹痛は未就学児においても頻繁に見られますが、ストレスによる頭痛は小学校高学年以降に見られることが多いです。

3 発熱

ストレスによって熱が出る子供もいます。ストレスで37度以上の熱が出ることを「心因性発熱」と呼びます。解熱剤などの医薬品を服用しても、熱が下がらないことが特徴です。

4 便秘や下痢

ストレスによって下痢や便秘などの症状が見られることもあります。

胃腸の働きは、リラックスしているときに活性化される副交感神経によって保たれています。そのため、興奮や緊張状態に活性化する交感神経が高ぶりすぎると、消化不良を起こしたり、便秘がちになります。

子供が何度もトイレに通うときは、緊張状態が続いているのではないか疑ってみましょう。

5 爪噛み

爪を噛む癖も、子供のストレスサインです。特に10歳前後の子供によく見られる行為ですが、習慣化してしまうと、爪の形や指の形が変形したり、雑菌が身体に入りやすく病気の原因になります。

小学生でのストレスを感じてる行動は、これらが多いと思います。ストレスがみられたら様子を見て本人にとってストレスにならないよう保護者の方は努めましょう!

ストレスを解消させよう

ストレスの様子は先ほど挙げましたが、ストレスの解消はどのようなことがあるのでしょうか?


好きなものを食べる、ゲームを楽しむなど様々なことがあると思いますが私が進めたいのは、楽しく運動させることです!


私達の体操と勉強の教室では、運動の楽しさを伝えるこを大切にしています!

体操でも、技ができる喜びを知ってほしいです!


丁寧に遊びながら本格的な体操を学ばせていきます。是非一度ストレスを感じてるとお子様をご体験ください!お待ちしております!