文武両道の教室とは?

小学生の子供の勉強を考える時に、あまり狭い視野に陥ることはよくありません。勉強の成績のことを考えだすと、どうしても親としては一生懸命に勉強を頑張ってほしいという気持ちが先走りしてしまうこともありますが、大切な事はいかに遊びやスポーツと勉強の両立が出来るかということでしょう。

 

小学校で学ぶことは学問だけではありません。お友達付き合いとかもそうですし、徐々に子供の体格が形成されていく時期でもありますので、しっかりと体を動かして健康的な生活を送るということも非常に重要になってくるのです。

 

よく言われることですが、勉強のできる子供というのはスポーツも得意だったりもします。出来る子は何でもできるということが実際には多くあるのです。

 

これは普段の生活習慣にも大きく依存しているかもしれません。勉強は何も長時間した子供が成績がいいわけではないのです。勉強時間に比例して成績が上がるのであれば誰だって簡単に良い成績が取れるでしょう。でも現実は少々違うのです。

 

勉強に必要なことは質の良い勉強時間を作るということだと思います。これは言い換えれば、集中して勉強する時間を確保するということです。

自ら文武両道へ

体操が終わった後は、勉強を行います。

私たちの生徒はすでに習慣化して、自ら宿題や自分のレベルにあったプリントを行います。

 

今では勉強が苦手であまり集中できなかったお子さんも、しゃべらず勉強に取り組んでいます。

ただ、黙々とやるだけでは疲れてしまうので集中した後は、みんなで頭を使うゲームや都道府県カルタ

数字あてゲームなどをして楽しんでいます。

 

勉強も体操もできるなんて素晴らしいと思いませんか?

是非一度体験しに来てみてください。

勉強と運動の融合した教室にようこそ

効果的に勉強する必要があるということです!

集中してやる!それは当たり前ですが、勉強だけだと大人もですがストレスになりマンネリ化することもしばしばです。


私達の体操と勉強の教室では、体操をして後に集中して勉強を行い効果を発揮します!


是非一度、文武両道の体操と勉強の教室に体験してみませんか?